ブリッジとインプラントどちらが良いか

バナー

ブリッジとインプラントどちらが良いか

インプラントは、失ってしまった歯の機能を取り戻せるというメリットがあります。
しかし、どのようなケースでもインプラントが最善の選択というわけではありません。

場合によっては、ブリッジや入れ歯などのほうが良い場合もあります。

ブリッジも、歯を失ってしまったときの歯科治療の方法です。
ブリッジは失った歯の両隣の歯を削り、代わりに人工の歯を両隣の歯に被せるクラウンとつながった状態で作って、固定します。

素材にこだわらなければ保険診療で受けることができます。

治療費が安いので、歯科医にすすめられることも多い治療です。

ブリッジの欠点は、失った歯の両隣を削る必要があるところです。
両隣の歯に被せ物をつける必要があるので、本来以上の力がかかって、隣の歯を悪くさせてしまう可能性もあります。

評判が高い福岡のインプラントの情報をご提供しています。

1本だけとは限らず、複数の歯が欠損している場合には、ブリッジはさらに長くなります。

そのぶんだけクラウンを被せる歯に負担がかかります。

インプラントの場合は、隣の歯を削る必要はありません。
ブリッジよりも噛み心地が自然だったり、見た目が自然なので前歯の治療に使うこともできます。
他の歯に不要な負担をかけずに済むというメリットもあります。

厳選した大阪のインプラントの情報をお届けします。

デメリットとしては、傷が治りにくい糖尿病のような人は、インプラントの外科手術を受けられない可能性が高いところです。


また、あご骨の量が少ない人も受けられないケースが多いです。


どちらが良いかは、状況によって変わります。

Infoseek ニュース情報を探しましょう。

自分に合った方法で治療を受けるようにしましょう。