自動車を安全に乗り続けるために

###Site Name###

自動車を安全に乗り続けるためにも故障無く乗るためにも整備を定期的に受ける事はとても重要です。

中でもオイル交換は決められた時期で交換をする必要があります。



自動車のオイルは説明書などに交換時期がきちんと書かれていますので一度確認をしてみるといいでしょう。

交換時期は1万キロまたは1年間のどちらか早い方となっている自動車が多いようです。

自動車にとってオイルというものはとても多くの役割を果たしています。

一般的なイメージだとエンジン内を潤滑するというイメージが強いと思うのですがそれ以外にも冷却や洗浄、防錆、密封の役割もあります。



これら全ての役割を果たすのは劣化したオイルでは難しくなってしまいます。

また逆にどれか一つでも十分に役割を果たせなくなるとエンジンは不調になったり最悪の場合は故障してしまいます。



エンジンオイルには硬さが色々とあります。硬さというのは粘度の事でエンジン内での粘り気を表しているのですがこれはエンジンのフィーリングや燃費に大きな影響を与えます。
指定されているエンジンオイルの硬さにはある程度の幅がありますのでその範囲でオイルの硬さを変えてみましょう。

特に季節に合わせて変えるのはとても効果があります。


真冬の寒い日などはバッテリーも弱っていますしエンジオイルも冷え切っているために始動性がかなり悪くなります。

そういう時期に柔らかいオイルを使用していれば始動性がとてもよくなります。




また季節を問わずに柔らかいオイルを使用するとエンジンの抵抗が減りますので燃費がよくなります。


エンジンのフィーリングもとても軽快になりますのでオススメできます。
ただしサーキットなどでスポーツ走行などをする場合は柔らかいオイルだと油膜が切れてしまい潤滑がうまくいかない場合があります。


スポーツ走行をするための自動車には硬めのオイルを入れてあげましょう。

このように普段何気なく行っている自動車のオイル交換も色々と変化をつけると意外と楽しむことができます。



http://okwave.jp/qa/q5109022.html
http://www.withnavi.org/gassyuku/
http://nanapi.co.jp/blog/2014/02/26/development-of-training-camp-nikko/